自家用車があるならゼッタイおすすめ!車のシートカバー

自動車のシートは、モケット素材か革張りかが多く、商用車などではビニールシートなどもあります。

本革シートの場合、価格が高く、油などの付着で変色したり、革の劣化でシートが割れたりと手間が掛かることがあり、ヒーターシートであればよいのですが、夏は暑く冬に冷たいというデメリットもあるでしょう。

モケットの場合は、汚れに弱く水分などの浸透が高いことから飲み物をこぼしたり汚れが付着すると臭いの原因にもなります。

また、車のシートはダニの棲み家ともなり、とくにモケットシートの中はダニが多いです。

タバコを吸う人であれば、火の粉が飛ぶと生地が焦げてしまうこともあります。

ただし、革張りシートに比べれば、標準装備となれば価格はそれほど高くはありません。

見栄えとしては、革張りシートの方が良いのでしょう。

革張りシートの設定は高級乗用車の枠の中でもグレードが高い車両に多く、大きな出費となるでしょう。

そこで、よい方法として自動車用のシートカバーを装着することです。

車シートカバーを装着することにはメリットがあります。

カバーの装着により、本革シートのような高級感が出ます。

シートの掃除も絞った雑巾やタオルなどで簡単に行え、飲み物のの染み込みやほこりを吸い込むこともありません。

また、購入後すぐに装着してしまえば、ダニの発生も防ぐことが出来るでしょう。

バイカラーのシートカバーであればインパクトが強く、一層、高級感やスポーティーなイメージとなります。

汚れ防止としての側面を持つのみでなく、年数が経過してもカバーをしていれば、中古車として手離すときにも内装がきれいな状態で保たれていれば、高価買取となるでしょう。

近年、ペットを飼うお宅が増えていることで、家族同様のペットを車に乗せての移動をすることも多いでしょう。

ペットの繊維は先端が細く、毛がちじれており、シート繊維の中に入り込むと掃除ではなかなか取りにくく、シートに付着したペットの毛が逆に衣服に付くということもあるでしょう。

従来、市販されていたカバーの多くは、合皮素材の品質に劣るところがあり、日射による劣化や熱に弱く、強度も弱いのと、何と言っても合皮っぽさが目立ちました。

現在では、合皮の厚みがしっかりとしており、シートとの密着性が高いため、装着後に座っても、ずれることがなく、本革と遜色ない見栄えです。

ボデーカラーなども考慮してピッタリのシートカバーを選び装着すれば、自分なりのカスタマイズでドレスアップとなるでしょう。

車のシートカバー購入は【日本最安値に挑戦】のここがお勧めですのトップページへ